セックスレスは産後に起きてしまうケースがほとんどです

カップル
このエントリーをはてなブックマークに追加

産後の影響

女性

近年では、社会的な問題として夫婦間のセックスレスが大きく取り上げられているのです。セックスレスであることが、様々な問題の原因としてつながっているのです。セックスレスが直接な原因となり、家庭崩壊を引き起こしてしまうケースも少なくないのです。セックスレスが引き起こりやすい状況は産後と言われています。一か月程度で子宮の状態は元に戻りますが、様々な理由からセックスに積極的になれないのです。その積極的になれない理由は、心理的な問題と身体の問題です。心理的な問題では、産後の場合ホルモンのバランスやメンタルの部分で不安定です。出産前ではセックスに対して積極的であったのに関わらず、産後は全くと言っていいほど興味を無くしてしまうケースもあるのです。また、産後であればホルモンの影響で濡れにくいという状況が発生してしまう場合があります。出産を行うことで、女性としてよりも母親として生活を行ってしまうのです。環境の変化によって、セックスのことをどうでもいいと考えてしまう女性も少なくないのです。そして、そうした女性の変化についていけない男性がいます。理解を求めることで問題の解決しようとしますが、セックス以外での相手への愛情表現が無くなり、気持ちが離れていってしまうのです。身体の問題では、出産後性交に再開に不安を感じてしまう方がいるのです。セックスに恐怖感が芽生えてしまう方がいるほど、出産後は慎重になってしまうのです。そんなときには、その恐怖感が無くなるまで待つ、あるいは女性の不安を払拭するくらい優しく接することが大切と言えるでしょう。そして、徐々に回数を増やしていくことで、自然に恐怖感が無くなっていくのです。

夫婦間の距離が大切

男女

産後のセックスレスは、夫婦間の距離が離れてしまうことで生じます。だから、産後についてしっかり夫婦間で話し合うことで、再びセックスすることができるでしょう。相手を思いやることを忘れないようにしましょう。

もっと読む

医師の診断を受けることが大切

レディ

産後のセックスレスの問題をしっかりと向き合うことで、夫婦間の仲を悪くせず乗り越えられます。そして、相手に思いやりを持つことで出産前の関係に戻ることができ、再びセックスを行うことができるのです。

もっと読む

夫婦の時間を大事にする

夫婦

産後のセックスレスの問題は、母親だけの問題ではなく家族の問題として捉えることが大切です。一つ一つの問題に対して、家族で向き合うことで問題は解決できます。また、夫婦間の時間を定期的に取るようにしましょう。

もっと読む